ヤーズ通販でヤーズと共に持っておきたいアフターピル

\90秒で注文完了/ヤーズの購入はこちら

妊娠に悩む女性 避妊の為に低用量ピルを使うというのは、日本国内ではあまり普及されていないものの、海外ではごくごく一般的に利用される手段となっています。

これは、コンドームをつかった男性主体の避妊方法に頼ることなく、女性が主体となって確実な避妊を行えることが広まる要因となっています。

男性に流されるまま望まない妊娠をしてしまうのは、非常に大きなリスクとなります。

女性自身の体への負担も非常に大きくなりますし、人生設計などに大きな狂いが生まれるなんていうこともあります。

また、低用量ピルを飲んでいても飲み忘れてしまうというケースも珍しくありません。

飲み忘れてしまうと、当然避妊効果が低下することになりそのタイミングで妊娠してしまうなんてことも。

そんな不測の事態を避けるための一番の方法は、低用量ピル以外にも避妊方法を持っておくことです。

現代において、避妊に失敗した時の最終手段となっているのが緊急避妊薬であるアフターピルの利用です。

それでも避妊ができなかった場合は、堕胎手術となってしまいます。

このページでは堕胎手術の前に使える緊急避妊薬のアフターピルについて紹介していきます。

 

事後避妊が高い確率でできるアフターピル

ピルを購入する女性アフターピルとはモーニングアフターピルとも呼ばれるもので、避妊失敗後に朝を迎えても避妊が可能なピルになります。

事前に服用してホルモンバランスを変化させ、妊娠しない状態にする低用量ピルに対して急激にホルモンバランスを変化させることで、避妊しない状態にするのがアフターピルです。

アフターピルは中用量ピルや高用量ピルとも呼ばれるもので、低用量ピルよりも配合されているホルモンなどの成分量が多くなります。

その分、急激に体への変化を与えるので副作用などのリスクは高まります。

しかし、避妊失敗後の最後の砦として非常に多くの人に利用されているのです。

アフターピルの避妊率は非常に高い

アフターピルを用いて避妊を行う場合、実際に避妊できる可能性はどの程度あるのでしょうか?

実は、アフターピルを用いた避妊であっても避妊の確率は99%以上とも言われ、低用量ピルを服用している状態と変わらないほぼ確実な避妊が可能です。

しかし、1点だけ注意すべきことがあります。

それが、アフターピルの避妊確率は低下していくという事。

避妊失敗から経過した時間によってどんどんと避妊確率は低下していくため、時間が経ってしまえばアフターピルを飲んだのに妊娠してしまったということにもつながるわけです。

実際にどの程度時間が経過すると避妊確率は低下するのでしょうか?

避妊失敗から

24時間以内に服用した場合:95%

24~48時間以内に服用した場合:85%

48~72時間以上経過してから服用した場合:58%

となっています。

表から見てもわかるように、避妊失敗してからアフターピルを服用するまでの時間が短ければ短いほど避妊確率は高く、時間が経過すればするほど低下していきます。

そのため、避妊に失敗した場合は速やかに婦人科医に足を運びアフターピルを処方してもらう事が事後避妊を成功させるためには不可欠です。

ただ、避妊失敗したからといって婦人科に行くのは恥ずかしかったりで行けないなんていうこともあるでしょう。

そうした時に役立ってくれるのが、アフターピルの通販です。

アフターピルは低用量ピルであるヤーズを取り扱っている通販で一緒に取り扱っていることも多いので、低用量ピルを使いながら緊急時の為に1錠持っておくというようなことも可能です。

アフターピルは単純に避妊に失敗した時に使って妊娠を避けるという以外にも、性被害者が望まない妊娠をしないためにも利用されたりします。

こうした観点からも自分を守るために、アフターピルをお守り代わりに持っておくというのは非常に大切です。

気をつけるべきなのは手元に届くまでの時間

アフターピルのイメージヤーズの通販を利用したことがあるという人は知っているでしょうが、個人輸入の代行を利用した場合、実際に注文したものが手元に届くまでには2週間程度の時間が必要になります。

これが意味するのは、避妊に失敗した!となってから急いでアフターピルを通販で注文してもアフターピルが手元に届くのは最低でも2週間後となります。

2週間も経過すれば当然アフターピルなんて飲んでも何の意味もありません。

そうならないようにするためには、事前にアフターピルを手に入れていつでも使える状態にしておくことが肝心なのです。

病院ならすぐに手に入れられる

アフターピルが手元にないまま、避妊に失敗した場合は婦人科で処方してもらうほかありません。

恥ずかしいという思いをすることもあるかもしれませんが、望まない妊娠を避けるためにはいくしかないのです。

更に、婦人科でアフターピルを処方してもらう場合と通販で購入する場合には手に入るまでの時間以外にも違いがあります。

それが価格です。

病院で処方してもらう場合は、1錠1万円程度するアフターピルですが、通販であれば1000円程度と価格が1/10も違うので事前に注文するのに1万円となるようなことも無いので、気軽に備えることが可能です。

 

ヤーズの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました