通販で手に入れたヤーズは正しく使おう

\90秒で注文完了/ヤーズの購入はこちら

妊娠に悩む女性 望まない妊娠から女性を守ってくれる低用量ピルのヤーズ。

女性が主体となって避妊を行えるので、男性に避妊してといい辛い場合でも安心です。

女性が避妊を行う場合に役立ってくれるヤーズですが、一つだけ気をつけるべきことがあります。その気をつけるべきことというのが、服用方法と飲み忘れた時の対応方法です。

低用量ピルは、継続して服用することで、避妊効果がでてくるので飲み忘れなどが起きた場合、避妊効果が十分にあらわれずピルを服用しているのに妊娠してしまうなんていう事になってしまいます。

そうした状態に陥らないようにするためには、適切に服用を行うだけでなく飲み忘れてしまったときの対応方法を把握しておくことが大切です。

 

ヤーズの正しい服用方法は難しくない

妊娠に悩む女性低用量ピルであるヤーズの服用方法は難しくありません。

生理1日目より服用を始めます

1日1錠なので、服用する錠数を間違えることも無いでしょう。

その後は毎日、1錠の服用を継続するだけです。体への負担を抑え服用習慣をつけるために毎日決まった時間に服用することが望ましいです。

これだけなので、誰でも間違えずに服用できるといえます。

ヤーズを飲み忘れてしまった場合の対処法は?

1日1錠のペースで服用を行い、それを継続することで十分な避妊効果を発揮するヤーズですが時には服用することを忘れてしまうこともあるでしょう。

飲み忘れは避妊効果の低下に直結するので、もしヤーズを飲み忘れてしまったという場合は、適切に対応して避妊効果を改めて発揮するようにしなければなりません

また、ヤーズを飲み忘れてしまった場合の対処法は飲み忘れた日数によっても変わってきます。

飲み忘れて24時間以内の場合

薬のイメージヤーズの飲み忘れに気づいたとき、その日にヤーズを飲む時間がまだな場合は、すぐに前日分のヤーズを服用し当日服用する予定だったヤーズも服用します。

前日分のヤーズをすぐに服用して、当日分も服用することになるので強い副作用を感じるリスクがあります。

飲み忘れないことが一番ですが、万が一飲み忘れてしまった場合は、上記の方法で飲み忘れてしまった分を服用するようにしましょう。

ヤーズの飲み忘れによって避妊効果が低下している可能性があるので、確実な避妊を目指す場合はコンドームなど別の避妊方法を併用するようにしましょう。

2日以上服用を忘れてしまった場合は?

ヤーズを服用するのを2日以上忘れてしまった場合はどうすればよいでしょうか?

2日以上飲み忘れてしまった場合も、飲み忘れて24時間以内の対処法と同じです。

前日分のヤーズをすぐに服用して、当日分のヤーズは時間通りに服用します。

飲み忘れ24時間以内と基本的な対処法に違いはありません。前日飲み忘れた分を速やかに服用して、当日分も服用することで避妊を行います。

ただし、2日以上忘れてしまった場合、避妊効果は24時間以内に比べるとはるかに低下しているのでピル以外の避妊法の併用は必須と言えます。

 

正しく使うことが確実な避妊には必須となっています。

薬のイメージヤーズをはじめとした低用量ピルを上手に活用するためには、適切な服用が必要不可欠。

とりあえず飲んでおけば避妊効果が発揮されるというわけではないので、適切にヤーズを服用するようにしましょう

基本的な服用方法に難しい部分は何一つない

ヤーズを服用する方法に難しい部分などは特にありません。

ただし、ヤーズを服用するときに気を杖けなければならないこともあります。

その気をつけるべきことなのが、薬の服用順が決められていることです。

ヤーズの場合は、28錠全てに服用する順番がきめられており、それを守らなければなりません。

この順番は1錠目から最後まですべての錠剤が入ってるパッケージに記載されているので、次にどの錠剤を迷ってしまったときは、ヤーズが入っているシートを見て確認するようにしましょう。

 

100%の避妊効果を期待するなら飲み忘れない

ヤーズのパッケージヤーズなどの低用量ピルを用いることによって避妊確率を99%以上にまで引き上げることが可能です。

しかし、服用方法を間違えてしまえば、その効果は失われてしまい望まない妊娠というリスクが高まるのです。

ヤーズなどの低用量ピルを飲み忘れないようにするための対策法もたくさんあるので、飲み忘れることが多いという人はそうした対策を試してみるのも良いでしょう。

対策の中でも簡単に行える時間調整

低用量ピルの飲み忘れ防止策として最もオーソドックスなのが、服用時間になったときにアラームを鳴らす方法です。

現在は、スマートフォンを持っている人は多いので、スマートフォンのアラームを服用時間にセットするだけです。

そうして、アラームを鳴らすことで服用習慣を身に着けることで服用忘れを防げます。

目に入る位置に置いておく

ヤーズの飲み忘れ対策として、自宅の絶対に行く場所にヤーズを置いておく方法があります。

ヤーズがあることが視覚的に認識できれば、飲まなきゃ!となるので飲み忘れを防げます

ただ、この方法は絶対に行く場所が無ければ使えません。

 

このように、飲み忘れの対策方法もたくさんあるので、上手に対策を行いながらヤーズで避妊をして望まない妊娠を避けましょう。

ヤーズの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました